水素水と身体と未来と

水に関しての意識が高まってきています。最近水素水が話題になっていますね。
美味しいおいしいお水は飲むだけで体が生き返ります。
普段の生活で飲むお水はなるべく水素水にしています。
やはり普通の水とは違う気がします。水素水はお茶を入れるときに使うと、いつも飲んでいたお茶が格段に美味しくなることが分かります。
もちろん水素水は注いだらすぐ飲むのが一番良いのですが、たまにお茶やコーヒーを入れて飲みます。
スーパーなどでよく売っているお茶のティーバックで入れる普通のお茶も見違えるように美味しくなります。
そしてお茶を飲む時間がとっておきの幸せな時間に変わります。
日常のひとときに小さな幸せがあるっていいですよね。
私はお茶が大好きなので、水素水によって美味しいお茶が飲めるようになったことはとてもありがたいことです。
水素水のウォーターサーバーは、水素水が好きな時に手軽に飲めるアイテムです。
大容量の容器の水素水を宅配で届けてもらえるので、重いペットボトルを運ばなくて済みます。
いつでも新鮮で美味しい水素水が自宅で楽しめるのはサーバーの優れたところです。
>>>水素水サーバーの飲み方、注意点

国内外から流入する、さまざまな汚染物質のため、現在は直接水道水を飲むことに恐怖を覚えてしまいます。
日本人は水を安価でいくらでも与えられるものだと思っていますが。
学校で習った公害病など、水による被害がなかったわけではありません。

そうして逆に、私の地域では水の神秘性や効能について語られることが子供の頃からよくありました。
いわく、足の悪いお婆さんが、良い水を飲み始めてからシャキシャキと歩けるようになった…
肌の悪かったあの子が、水を変えてから綺麗になった…などです。

こういった例を沢山聞いているので、水は身体を構築するために、きわめて大事なものだと思っています。

洗濯やお風呂は、大量に消費するので、しかたがないと思います。
ですが、やはり料理や飲料水に関しては、質のいい安全なお水にしたいものです。
私の代だけなら、まだいいかもしれません。
ですが、私の身体は、私の子や孫につながっていくものです。
未来の子供たちのためにも、日本人は水に気をつかう時代がきているのではないでしょうか?
自分の子供達の未来と、私達が年老いても元気でいられるよう。
水素水を摂取していきたいものです。

私は1年前からトレーニングジムに通い始めて紹介されたのがきっかけで水素水にはまりました。
以前は普通の水、もしくはスポーツドリンクを飲みながら有酸素や筋肉トレーニングを行っていたのですが、ジムの講師の方にスポーツドリンクは糖分が高いので水素水に変えたほうがいいとのことがきっかけで水素水を始めることになりました。
最初は少し硬く感じててあまりグビグビと飲み干す感じではなかったのですが、徐々に慣れてきて、今では一回(60分~90分)のトレーニングで
500mlを飲みきれるようになりました。
値段もペットボトルやパウチになっている物も普通のお水と変わらず、一回100円程度で販売していたので、無理なく続けられたのがすごく良かったです。
効果はやはり少しずつではありますが、肌がきれいになってきてとても実感できています。
美容効果も高いということなので、女性の方にはオススメだと思います。
もう水素水なしの生活は考えられません。

日本の名水巡りで美味しいお水に出会いました

普段の飲食用には、浄水器を通した水道水を使っています。
夫が運転するキャンピングカーで日本全国を旅して早五年。
出かける都度、車に積み込むのが10リットルのポリタンク数個。旅の必携アイテムです。

事前に調べてからということも勿論ありますが、ふいにめぐり会うというケースもあって、行く先々でのその土地の名水汲みが、旅行の大きな楽しみの一つとなっています。
やはり清酒工場やウイスキー工場が建っている場所では必ず質の良いお水があるし、神社仏閣の中には霊水と呼ばれるものも。
このネーミングを聞いただけで、なんだかありがたい気持ちになってしまいます。

持ち帰ったお水は、ごはん、お味噌汁、お茶とすべての飲食に大活躍。
また文字どおりの天然水ですから、お土産として差し上げても大変喜ばれます。
さて、味の方ですが、帰宅してから何種類かのお水を飲み比べてみると、一番わかるのが鉄分の違い。

本当に「鉄」の風味(?)がハッキリ判るものがあります。
次に甘みのようなものを感じることもあるのですが、夫は名水という既成事実がそう思わせるんだろうと憎たらしいことを言い、私が腹を立てるといういつもの展開に。
ただ、現地で手で受けて飲むお水は本当に美味しい!このことに関しては夫も素直に認めています。

健康のために歩いてます。

健康のために一週間で5万歩以上歩くようにしています。
一日1万歩だと、用事のある日は厳しいので、一週間で5万歩にしました。
歩くために、買い物は片道徒歩20分以上かかる遠くのスーパーに通っています。
買い物もできて一石二鳥です。

普段から電車で2駅くらいは、意識的に歩いています。
その甲斐あって、足に筋力がつき、生理痛が軽くなりました。
歩く習慣があると、旅行などで長距離歩いた時に疲れなくなります。
京都に旅行に行ったときは、山道も含めて一日3万歩ぐらい歩きましたが、次の日軽い筋肉痛になっただけで済みました。

歩く前には、コップに一杯の水を飲むようにしています。
歩いているとだんだん汗をかいてくるので、先に水分を摂取しておくと脱水症状を防げます。
勿論歩いている最中にも飲めるように、水の入ったペットボトルは常に持っています。
歩くときに邪魔にならぬように、荷物はリュックにいれて背負います。
買い物をした品物を運べるだけではなく、袋を貰わなくて良いので、エコロジー的にもナイスです。

天然水にもいろいろありますね…

私は以前は水道の水を飲んでいたのですが、引越しをしてからは引越し先の水道の水がものすごくまずいので、(引越し先は同じ都内なのですが味が違うものですね。)天然水を買って飲むようにしています。

スーパーや薬局などで安売りしているときにまとめて買ったりしています。
料理やお米を炊くのにも使用しているので、かなりの量を消費します。
なので、なるべく安いものを買っているのですが…天然水も、かなり味の違いがありますね。
普通にスーパーなどで売っているメーカーのものはそんなに味に当たり外れはないのですが、薬局で箱(2L6本入り)で400円以下とかの聞いたことのないメーカーのかなり安いものは、おいしくないものが多いです。
料理などに使ってしまえばあまり気にならないのですが、水として直接飲むと、ちょっとな…というものもあります。

なので少し高くても、よく耳にするような飲料メーカーのものを買うようにしています。
同じ天然水でも、こんなにも味が違うものかとびっくりしました。

バナジウムは血糖値を下げる効果は本当なのか?

バナジウムには血糖値を下げる効果があると、違うページで申し上げました。
血糖値を下げることで、脳卒中の予防にもなりますし、ダイエット効果も期待できるのはとても魅力的ですが、本当に血糖値を下げる効果があるのか、半信半疑の方も多くいらっしゃることかと思います。
バナジウムも血糖値も下がったとしても効果が視覚的に確認できるわけではないので、本当のところはどうなのか?気になっていましたが、調べれば調べるほど、どうやら本当かもしれないと思える実験結果が報告されていました。
誰でも簡単にわかりやすいようにに、ご紹介していきたいと思います。

■福岡市の中村学園大学の実験内容

▼ 実験結果: バナジウム天然水を飲んだ10人の食後2時間後の血糖値が4分の3に抑制された
・・・・・・・・・・・・・・・
▼ 実験者: 中村学園大学の研究チーム(2005年)
▼ 被験者: 健康で10代後半~20代前半の女性20人(平均年齢21.8歳)
▼ 実験期間: 8日間
▼ 実験内容: 動物性脂肪分が多く含まれた血糖値を上げる食材を食べてもらい、
(1)10人にバナジウムが豊富に含まれ天然水を食事と一緒に摂取する
(2)別の10人にはバナジウムが含まれていない普通の水を飲んでもらう
▼ 実験結果: バナジウム天然水を飲んだ10人の食後2時間後の血糖値が4分の3に抑制された
・・・・・・・・・・・・・・・

中村学園大学の研究チームが2005年に行った実験をご紹介します。
この実験では10代後半~20代前半の健康な女性(平均年齢21.8歳)20人に対して、血糖値を上げる動物性脂肪分を豊富に含んだ食べ物を8日続けて食べてもらいました。
そして、半分の10人には、バナジウムがたっぷり入った天然水を食事と一緒に摂ってもらい、残りの10人にはバナジウムを含まない普通の水を飲んでもらいました。すると、バナジウム天然水を飲んだグループの反応食後2時間後の血糖値が4分の3に抑えられるという結果が出ました。

■東京医科大学助教授の渡辺泰雄医学博士による実験
・・・・・・・・・・・・・・・
▼ 実験者】: 東京医科大学準教授である渡辺泰雄医学博士
▼ 被験者: 糖尿病疾患者(血糖値が140mg/dl以上)の男女
▼ 実験期間: 2ヶ月
▼ 実験内容: 1Lあたり65μgのバナジウムが含有された富士山の水を毎食前に180ml摂取してもらう
▼ 実験結果: 半数以上の糖尿病患者の血糖値が下がり、正常な値に戻った
・・・・・・・・・・・・・・・

東京医科大学助教授の渡辺博士は、富士山の伏流水を普段の生活において飲用している人たちには、脳梗塞や糖尿病の疾患を抱えた人が少ないという話を聞きました。

富士山の伏流水にはバナジウムが豊富に含まれている→バナジウムが血糖値を下げている→成人病の疾患率が低いと仮説をたてた博士は、実験を行なうことにしました。
血糖値が140mg/dl以上の糖尿病疾患を持った男女に、1リットルに65μgのバナジウムが含有された富士山の伏流水を毎食前に180ml飲んでもらいました。
2ヶ月飲み続けたてもらい、その間に血糖値がどのように変化するのかを調査しました。
2ヵ月後どのような結果になったかというと、50%以上の糖尿病患者の血糖値が下がり、正常な値を示したのです!

博士はこの実験を通して、
「バナジウム天然水は糖尿病にも効果的である」との仮説を実証したのです。

■血糖値を無理なく下げたい!太らない体質作りをしたい!バナジウム天然水をオススメします。
このような実験結果が裏付けているように、バナジウム天然水には血糖値を下げる効果があるとおわかりいただけたのではないかと思います。
脳卒中などの成人病を予防したい方、脂っぽいものを食べたいけれど中性脂肪がつきにくい体質を目指す方には、バナジウム天然水は大きな効果があると言えるでしょう!